10エレメンツ×アロマ〜人生を思い通りに生きる方法〜

3000人を鑑定してきた鑑定師が、もっと喜び溢れる人生を生きるために陰陽五行に基づいた10のエレメンツを使って一瞬で人生が変わる方法をお伝えします。

メールマガジンへご登録されたあなたに、 人生好転レッスンをお届けしてます^^

女性ホルモンについて考える

こんにちは、花萃です。

 

ここのところ、

女性ホルモンについて

真剣に考えさせられることが多く

 

 

本やインターネットで調べたり

アロマの先生に聞いたりしています。

 

 

女性ホルモンとは

主にエストロゲンプロゲステロンを指し

加齢とともにバランスが崩れることが多いようです。

 

 

主に起こるトラブルは

 

 

特にPMSで悩んでいる人は

潜在的に多いですね。

 

 

更年期障害も若年化しつつあります。

 

 

大豆製品を食べると良い、というのは

誰にでも言えることではないようです。

 

 

大豆イソフラボンは腸内細菌の数が少ないと

吸収されにくいとのことでした。

 

大豆イソフラボン類の代謝と腸内フローラ

 

 

 

この女性ホルモンとは

どこから出ているのか?

 

 

エストロゲンプロゲステロン

卵巣から分泌されるそう。

 

 

どういうタイミングで出るのか?

 

大元を辿れば

ホルモン分泌は脳から指令が出ています。

 

 

こちらの説明がわかりやすいので

ご覧になってみてくださいね

 

女性ホルモンの基礎知識・仕組みと種類 | 鶴川台ウィメンズクリニック

 

 

ざっくりまとめると

 

 

視床下部(自律神経系調節)

↓ ホルモンを放出する指令を出すホルモンを出す

脳下垂体

↓ 卵巣へ指示を出す

卵巣プロゲステロンエストロゲンの抑制、バランスをとる)

エストロゲン(子宮内膜を増殖させる)

 

 

 

 

女性ホルモンの大元に関わる

視床下部というのは生きる上で

とても重要な働きをしています。

 

  • 自律神経の調節
  • 記憶力
  • 食欲の調節
  • 体温の調節
  • 血圧や心拍数の調節
  • 怒りや不安の制御

 

生命維持活動の全般を

この視床下部が担っています。

 

 

ストレスや過労、睡眠不足などで

その働きはバランスを崩すようです。

 

 

私は過去にうつ病になりました。

 

 

精神的なものもさることながら

不眠になり、怒りを抑えられなくなり

食欲がほとんどなくなり

昨日のことも忘れるようになりました。

 

 

今でもうつ病だった頃のことは

あまり覚えていません。

 

 

その頃、薬を毎日3種類

朝晩飲んでいたのですが

薬でなんとかしようとすると

自力で元の状態に戻ることができなくなります。

 

 

 

体は薬に慣れていくので

自力で伝達物質を出さなくなります。

 

 

一気に薬をやめられたのでよかったですが

通常は沼に落ちるかのようにやめられないようです。

 

 

ですので、女性ホルモンも

ホルモン剤などで補うのではなく

自力で分泌を促さなくてはと思っています。

 

 

嗅覚は、この視床下部に直接働きかけます。

 

 

 

エッセンシャルオイルが有効なのは

とってもよくわかっていますが

 

 

女性ホルモンについて深く考えた時

これもまたエッセンシャルオイルが助けてくれることに気づきました。

 

 

アメリカのダン・パーサー博士が

女性ホルモンとエッセンシャルオイルについて

様々な情報を提供しています。

 

danpursermd.com

 

英語ですので、Google Chromeなどで

翻訳してみてくださいね。

 

もはやプロゲステロン、テストステロン、エストラジオール、DHEA、およびプレグネノロンを含む少なくとも5つのホルモンを生産していない場合

これらのホルモンは私たちを美しい女性にするだけでなく、老化から私たちを守ります。

幸いなことに、エッセンシャルオイルは実質的に役立ちます。下記はこれらのホルモンを補給するための救命剤であるオイルとビタミンです。  

パーサー博士の本で、閉経中にこれらのオイルがこれらのホルモンの損失にどのように役立つかをもっと学ぶことを強くお勧めします。

うまくエッセンシャルオイルを使用することはあなたがより良くそしてより健康的に感じるのを助けるために可能な解決策です!

f:id:himawari2016:20190328154044j:plain

女性らしさを維持するために

 

天然のプロゲステロンについて

danpursermd.com

 

 

エストロゲンだけでなく

プロゲステロンも補給しなければ

バランスが崩れたままです。

 

 

 

特に加齢とともにプロゲステロン

急激に減少するそうです。

 

www.livingincairns.com.au

 

 

なぜか女性ホルモンというと

エストロゲンについてばかり

情報が出てきます。

 

 

エストロゲンクリーム、

エストロゲンサプリなどなど

 

 

しかし、

エストロゲンの減少の方が著しく

更年期にはほぼ0%になるそうです。

 

 

プロゲステロンのことが世間で言われないのは

また利権に関わる大人の事情なのでしょうかね〜

 

youngliving.hatenablog.jp

 

 

製薬会社の利権パワーで

日本人は薬漬けです。

 

 

今や乳がんは12人に1人。

 

 

そんな利権もあと10年ほどで

全て変わるようですよ。

 

 

余談ですが...

 

 

 

健康は何よりの財産です。

 

 

病気になってからでは遅いですから

日々の生活の中でできることを

コツコツ続けていきましょう^^

 

 

花萃

@reikafreedom メールマガジンへご登録されたあなたに、 人生好転レッスンをお届けしてます^^

一瞬で人生が好転するメルマガ


LINE@ではイベント&鑑定などの優先情報や
人生好転のヒントをお届けしています。

友だち追加