一瞬で人生が好転しはじめる10エレメンツ

3000人を鑑定してきた鑑定師が、もっと喜び溢れる人生を生きるために陰陽五行に基づいた10のエレメンツを使って一瞬で人生が変わる方法をお伝えします。

日本最古の占い。

こんにちは、花萃です。



また新たに四柱推命勉強会に

仲間が増えました〜♪



嬉しいです^^



勉強会では

四柱推命の知識はもちろんですが



運気を上げる方法、

相性の良い人の見つけ方

自分らしい人生を生きる方法



などなど、

占いを人生に活かすという視点で

講座をやっています♪



活かさないと意味ないと思ってます。



知識だけ勉強したいなら

本だけでもできますからね。



私が実際に直面してきた

数々の困難!



それにどうやって

四柱推命を活かしてきたのか

経験を盛り込んでいます。



あとは、

もう4000人くらい鑑定してるので

どうすれば人生がよくなるのか

様々なケースをみてきてます。



困難を乗り越えるためのアドバイス

恋愛、結婚での向き合い方、

自分を活かす働き方



様々アドバイスしてきました。




私ならではのポジティブな

四柱推命の活かし方をお伝えしてます♪

 

 


日本の占いの起源は神道

 

そもそも、なぜ人は占いを

ついついみてしまうのか?



それが気になって

日本の歴史を遡りました。



中国の占いには四千年の歴史があり

学問の基礎として取り入れられてました。



しかし歴史長すぎ!なので

まずは日本の歴史から。



日本で一番古い歴史書である

古事記に記されているということで

早速『古事記』よも!と買ってきましたよ。



古事記神道のルーツでもあります。

 

いつかは読まねばと思っていたので

いい機会でした。



神道とは、神社信仰のこと。



日本人なら誰もが

神社でお参りしたことがあるのでは?



それくらい日本人のライフスタイルに

自然に溶け込んでいる神道

私は結構好きなのです。



四柱推命の師匠である

鳥海先生に教わったお話。



『昔は毎月朔日と15日に

 朝、水浴びをして正装をして

 神社参りをしたんだよ。

 

 お参りを終えるまでは

 誰とも一言も交わしたら

 いけなかったんだよ。』



こういった文化は

戦後に薄れて行きましたが

私はすごく好きなんです^^



人が生きる上で大切なこと、

大切にすると幸せな気分になることが

たくさん盛り込まれています。



戦後のGHQによって

この文化はどんどん薄れてますが

どこか心の中に残っているのではないかなーと思ってます。





昨年大ヒットした『君の名は』にも

むすび、というキーワードがでてきました。

 

みましたか??

 

「糸を繋げることもむすび」

 

「人を繋げることもむすび」

 

「時間が流れることもむすび。全部神様の力や」

 

というセリフがあります。



むすびは神道の産霊(むすひ)の神のこと。

 

説明すると長くなるので簡単にいうと

男女をむすび沢山のものを生み出す

っていう感じです。

 

詳しく知りたい方はぜひ古事記

 

 

現代語古事記: 決定版

現代語古事記: 決定版

 

 

 

生活の中で当たり前のことも

意味があると毎日が豊かになりますね♪



日本最初の占いはうけい

で、古事記に出てくる

日本最初の占いは

神様がよく使います。




『うけい』と呼ばれるもの。



うけいの解釈は様々ですが

古事記の中ではこんな感じです。



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 ニニギノミコトコノハナサクヤヒメは

 結婚してすぐ一夜で子供ができました。

 

 『本当にその子はオレの子か?』

 

 その言葉にショックを受けた

 コノハナサクヤヒメ。

 

 『疑うのなら、うけいをしましょう』

 

 産屋に火を放ち

 その中で出産するという。

 

『この子があなたの子なら

 無事に産まれます。

 

 この子があなたの子でなければ

 無事産まれません。』

 

 といって出産しました。

 

 無事に3つ子が産まれました。

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



自分の妻を疑うなんてサイテー。

f:id:himawari2016:20171018131130j:plain

まじサイテー!

っていうのは置いといて。




こういった感じで

宣言をしてその後の結果で

占いをしていたんですね。



子供の頃に靴を放って

表なら晴れ、裏なら雨、

ってやりましたよね。

 

あんな感じですね。



うけいは古事記にいっぱい出てきます。

 

これが日本の占いの起源となってます。

 

占いは力をくれる

こんな感じで占いは大昔から

『自分の意思に自信がないとき』

『自分でもわからないことをはっきりさせたい時』

『未来のことに少しでも自信を持ちたい時』



に、使うものでした。



人の心理として

 

少しでも自信を持って

誰も知らない未来に向かい

頑張りたいんだよ!

 

っていうものがあるんですね。




もちろん私もあります^^



占いに頼るだけでなく

力の源になるような

心の支えになるような

そんな使い方をしてもらえたら嬉しいです♪





それでは、また♪




花萃



古事記って難しそう〜

っていう人はこちら。

 

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

 

 



かる〜い感じですが

嫌いじゃない。



応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村

 

感想などもぜひ!

友だち追加 

鑑定のご案内

http://acrossthemode.com/lp/kantei/

一瞬で人生が好転するメルマガ