一瞬で人生が好転しはじめる10エレメンツ

3000人を鑑定してきた鑑定師が、もっと喜び溢れる人生を生きるために陰陽五行に基づいた10のエレメンツを使って一瞬で人生が変わる方法をお伝えします。

羽生結弦選手の次のコーチはプルシェンコ?

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"

data-ad-client="ca-pub-2426154940164390"

data-ad-slot="8561794660">

こんにちは、龍月です。

日々ご覧頂き誠にありがとうございます。

本日は羽生結弦選手の次のコーチはプルシェンコ

というタイトルで記事を書きたいと思います。

羽生結弦選手、今期は怪我に悩まされている羽生結弦選手ですが、なんと10〜12月が天中殺月。

しかも今年は空転の時期です。

これを乗り越えればまた好調な姿を見せてくれるでしょう。

1月から元気な姿でリンクに上がってくれることを期待します。

そんな羽生結弦選手の現在のコーチはブライアン・オーサー氏。

ブライアン・オーサー氏は84年サラエボオリンピック、88年カルガリーオリンピックで連続銀メダルを獲得した「ミスタートリプルアクセル

キム・ヨナ選手のコーチについてから、キム・ヨナ選手の金メダル獲得をした際の指導をしていたコーチです。

キムヨナ選手が引退してからは現在安藤美姫さんの恋人として話題のハビエル・フェルナンデス選手のコーチについていました。

現在でもハビエル・フェルナンデス選手と羽生結弦選手の指導をしているブライアン・オーサー氏。

そんなこんなでブライアン・オーサー氏に一緒に指導を受けているハビエル・フェルナンデス選手と羽生結弦選手はは仲良しなんですね。

現在ハビエル選手と羽生結弦選手は先日のグランプリファイナルでも1、2位を争うライバルです。

そんなライバル同士でもとっても仲が良く、練習のときも手をつなぐ姿などが目撃されています。

実際にはブライアンコーチは直接つきっきりで指導しないようです。

「チームブライアン」という、それぞれの技術が優れたコーチが細かな指導をしているそう。

このブライアン・オーサー氏にコーチについてもらえたのは実は羽生選手の母、由美さんの熱意からという話です。

通常であればライバル選手のコーチに指導をお願いするのはかなりの異例。

すぐそばにライバルが常にいるということで対抗心などから練習に集中できないことも。

そんなブライアンコーチにオファーを出し、カナダのトロントへ指導を受けに行っています。

そして羽生選手はソチオリンピックで金メダルを獲得。

羽生選手は納得の行くまで練習を重ね、小さな大会でも大きな大会でも関係なくすべてを勝つために滑る。

他の選手のスケーティングを見る時もノートとペンを手に、あの選手はなぜあの点がでたのか、どこが優れているのかなどを常にノートに書いているそうです。

才能だけでなく、努力、知力も併せ持つ羽生結弦選手。

しかし、19歳という若さで金メダルというスケート選手にとって最高位まで登り詰めてしまった羽生結弦選手が、次になにを目指すのか。

ひとつの目標を達成してしまった今、次に何を目指すかを見失ってしまわないよう、母である由美さんも羽生結弦選手の為に新しい目標を考えているそうです。

4年後のオリンピックも十分出場できる歳です。

ただそこまで今のモチベーションを保ち、さらにあげるには新しい練習環境を、という話からエフゲニー・プルシェンコさんの名前が挙がっているようです。

羽生結弦選手が「一番尊敬している」と語るプルシェンコさんとは?

エフゲニープルシェンコさんとは?

ロシアのスケート選手。

2002年にソルトレイクオリンピックで銀メダル、2006年トリノオリンピックで金メダルを獲得しました。

この時4回転を跳べる選手は本当に少なく、なかでもプルシェンコ選手はショートプログラムで4回転を着氷できなかったものの、フリーでは4回転3回転3回転というコンビネーションジャンプを跳んでいます。

4回転をコンビネーションで跳べるのは今ではプルシェンコ選手かステファンランビエールさんくらいかな?

フィギュアスケートの採点方式がかわり、このコンビネーションを跳んでも点数が上がらないという理由でチャレンジする選手は少ないようですが、トップスケーターとして挑戦する姿は本当に素晴らしいと思います。

ソルトレイクオリンピックには男子シングルでは現在解説でおなじみの本田武史さんが4位でした。

女子は村主章枝さんが5位と、今のようにたくさんの日本のフィギュアスケート選手が育っていない時期でした。

トリノオリンピックといえば荒川静香さんが金メダルを獲得し、イナバウアーで話題になったあのトリノオリンピックですね。

この時も村主選手、安藤美姫選手も出場。

トリノオリンピック男子シングルはエフゲニープルシェンコ選手、ステファンランビエール、ジェフリーバトル、エヴァンライザチェク、ブライアンジュベール、ジョニーウィアー。。。と上から順にイケメンランキングか?!と言うほどのイケメンスター選手揃いでした。

いや〜素晴らしい。

そんな仲優勝し金メダルを獲得したプルシェンコ選手はロシアでは王とも呼ばれる人気選手です。

2007年にサンクトペテルブルク市議会議員選挙に出馬、当選したこともあります。

あまりの人気にスケートショーの出演も多かったプルシェンコ選手ですが、2010年にはバンクーバーオリンピックに出場。

エヴァンライザチェクにつづいて銀メダルを獲得しました。

その後2010年にアイスショーの許可を取らず無許可でショーを行って競技への出場資格を停止されてしまいます。

ショーを行うにもアマチュア選手は許可が必要なのですね。

通常アイスショーはプロに転向した選手が行います。

日本では織田信成さんや荒川静香さん、安藤美姫さんなど、アメリカではスルヤボナリー、ジョニーウィアー、ミシェルクワン、キムヨナなどアイスショーで人気の元メダリストやトップスケーターがいます。

そんななかプルシェンコ選手はアマチュアを引退することなくアイスショーも出演。

2012年には本格復帰し2014年にはソチオリンピック団体戦に出場、男子シングル個人では練習中に腰を痛めてしまい、棄権しました。

選手人生の間に度々手術を繰り返しているプルシェンコ選手ですが、2018年に開催される平昌オリンピックにも出場する意思を表明しています。

実際、そのころにはプルシェンコ選手は35歳。

今のところは引退をする気がないようですね。

引退をしないと互いにライバルになってしまいますので、プルシェンコ選手の今後の進退によって羽生結弦選手の今後も変わってきそうですね。

ただ、プルシェンコ選手に憧れている選手はたくさんいますので、そうなった時はまた別の人気者になりそうです。

現在は二度目の結婚をし、お子さんがいるプルシェンコさん。

今年何度か来日してバラエティ番組、「YOUは何しに日本へ?」や「炎の体育会TV」にも出演。

日本が大好きというプルシェンコさんは羽生結弦選手を大変評価しており、「ソチの後は喜んで結弦のコーチになる」とも話したことも。

実際、羽生結弦選手のコーチにプルシェンコさんなんて。。。

すごいことになりそうです。

早く2人の2ショットが見たいですね!

スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"

data-ad-client="ca-pub-2426154940164390"

data-ad-slot="8561794660">

龍月の四柱推命鑑定は下記よりお申し込みください。

四柱推命鑑定師になるマスターレッスンも行っております。

[ぴかぴか(新しい)]お申し込みはこちら[ぴかぴか(新しい)]

一瞬で人生が好転するメルマガ